2009年05月29日

花衣

hanagoromo.JPG
hanagoromo1.JPGhanagoromo2.JPGhanagoromo3.JPG
◎花衣(はなごろも):産地:不明・芸:黄虎斑・月形・泥軸・赤根
特徴:中型で露受けを交える立ち姫葉、出芽やや後晴ぜで極黄の虎斑に晴ぜる。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 虎斑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

昭和62年頃の(元祖)富嶽

fugaku,s601.JPG◎昔々その昔の元祖富嶽の写真からコピーした「富嶽」の画像を偶然見つけ、デビュー当時の富嶽の素晴らしさに改めて見惚れています。
タグ:富嶽
posted by 驚庵 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

翁獅子の進化?退化?

PHOTO034.JPG◎昔々その昔「翁獅子」と命名した頃より中斑芸の優れた木を種木として残して来たのだが、近年になって画像の様に獅子芸を失いつつある。わーい(嬉しい顔)べきかがく〜(落胆した顔)べきか
posted by 驚庵 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

宇宙殿

utyuden.JPG
utyuden1.JPGutyuden2.JPGutyuden3.JPG
◎宇宙殿(うちゅうでん):産地:不明・芸:複芸・月形・泥軸・ルビー根
特徴:小型で立ち姫葉、出芽青白く上り後紺の覆輪或は縞を浮かべ暗む。
※昭和8年長富園発行の名鑑に宇宙殿名で登録があるが、入手時期から見ても全く別物で、金華山系統の芸の良いものでは???
posted by 驚庵 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

晃明錦

koumeinisiki.JPG
koumeiosa.JPGkoumeiha.JPGkoumeine.JPG
◎晃明錦(こうめいにしき):産地:不明・芸:縞・月形・青軸・青根
特徴:艶葉でヤヤ立ち姫葉で葉幅広く葉肉厚い白黄散り斑縞で静かな雰囲気を魅せる。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

主役交代・・・・・・・・・

fujino.JPG◎昔々富貴蘭を始めた当初から棚下は湿度確保の為に色々な植物を置いていたが、日陰で育つカンアオイが生き残った。他の植物はモヤシ状となり最後は可哀想な結果にもうやだ〜(悲しい顔)・・・・・・・・・・・
 日陰に強いカンアオイが今は相場も強く棚のスター的立場になりつつある。無計画に手当たり次第棚下に置いていたのだが、がく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)する様な芸を生む事もある・今年は真剣に植え替えて、見て貰えそうな画像をお披露目します。tanasita.JPG
タグ:カンアオイ
posted by 驚庵 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

君子蘭

kusiran.JPG◎君子蘭の四国達磨が漸く咲きました。棄て作り続ける事7~8年もうやだ〜(悲しい顔)今年春早くに植え替えた処 機嫌直したかわーい(嬉しい顔)初めて咲いた花は実に美しい。
posted by 驚庵 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

カラス葉になる「藤娘」

karasu.JPG◎この藤娘は冬になると全体に濃いアントシアンに覆われてカラス葉になる。花も気分次第?で濃く見えるわーい(嬉しい顔)
タグ:カラス
posted by 驚庵 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

藤娘が咲き始めました。

fujimusume.JPG◎藤娘はフジイラン×フウランの交配種で時知らずで花を咲かせます。(交配親のフジイランの花期は冬×フウランは夏)
 本固体は日弱く作ると白虎斑をみせる珍品?です。
posted by 驚庵 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

十数年手塩に掛けた珠玉の逸品・・・・・

seikaikabu.JPG◎十数年手塩にかけて展示会向きに形良く育てた大株の青海・植え換えと美術株に整形しながら数を数えて見ると約20本・・芽当たりもチラホラ見えるが意外に殖えが悪いもの・・・イザ嫁に出すとナルトわーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
タグ:青海
posted by 驚庵 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

球根でも四倍体を生むの???????

suisen.JPG◎朝の散歩道で毎年咲く水仙の花・今朝(今年)は普通の花に混ざって一花のみ巨大花が咲いていました。
 球根増殖の花にも四倍体があるラシイ???、以前待宵草でも小さな花と並んで巨大花を見た事がありましたが別種と思っていました。
 富貴蘭ボケの無学をお笑いアレわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)ふらふら
posted by 驚庵 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

昔の青海の花は濃い桃紫色

seikaihana.jpg◎PCが壊れてバックアップHDから新PCへ画像を取り込み中に発見・・・・・東京に居たころの画像だから20年位前(S63)の青海です。
最近の青海の花は薄桃色で昔の様な濃く美しい桃紫の花は見掛けなくなった。
posted by 驚庵 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

「大紅海」何時もゴールドに輝き根もカラフル

daikoukai1.jpgdaikoukai12.JPG◎大聖海の紅泥軸で、天葉は牡丹芸に出て紺縞を魅せ後暗み、根はカラフルでルビーに迫る美しさも見られます。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

紅孔雀 セルフ実生八歳の姿

benikujyaku.jpg◎平成十五年六月七日に瓶出し三作の「紅孔雀 セルフ実生」の小苗を求め、五年作り続けた結果が画像の様に「鳳凰」が羽ばたいている様な成木に完成しました。
 葉長(付け葉先)も3a葉幅は10_と本性品の半分サイズで別種の様相??根は今年延びたものから太くなって来ました。
posted by 驚庵 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

金輝

kinki.jpg
kinki1.jpgkinki1.jpg
◎金輝(きんき):産地:四国・芸:縞・月形・泥軸・泥根
特徴:艶葉で立ち姫葉の葉幅は並で黄縞で独特の雰囲気を魅せる。
※本種は福井県の慧心様が20数年前四国山採り風蘭より選別金輝と命名して愛培のチョビ柄固体を分けて頂き棚下で作っていた処、最近になり上柄に進化したものです。
posted by 驚庵 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

玉金剛(片思い型)

kataomoi.jpg
kataomoi1.jpgkataomoi2.jpg
◎玉金剛:片思い型(たまこんごう:かたおもいかた):産地:実生・芸:豆葉・山・泥軸・泥根
特徴:玉金剛実生選別品で葉の長さが左右長短に二分し、葉幅約14_を超える。
posted by 驚庵 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

丸鷹

maru.jpg
maru1.jpgmaru2.jpgmaru3.jpgmarutaka4.JPG
◎丸鷹(まるたか):産地:実生・芸:豆葉・浅い月・泥軸・泥根
特徴:大鷹丸実生選別品で大きさは母種の半分以下と小型で葉幅約九_前後と広く羅紗地肉厚の葉に星斑を魅せ左右に水平に葉を開き、軸は頗る太い。
 葉表裏に凹変を表す。(絞り芸風)
posted by 驚庵 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

羆の青が片柄の縞を生みました。

higumaao.jpg◎平成11年頃に求めた「羆の青」に画像の通り素晴しい?夢の様な片柄の子が育ちました。
 約十年の愛培で七本の子木を生みましたが、白い柄は一本ノミで他は親木と同じく思わせ振りな「墨芸」ばかりでした。
posted by 驚庵 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

月桂冠(御城覆輪)

gekkeikan.jpg
gekkeikan1.jpggekkeikan2.jpg
◎月桂冠(げっけいかん):産地:三重県・芸:覆輪・月・泥軸・青根
特徴:中型で葉肉厚く立ち姫葉、出芽雪白に上り下葉に至り乳白覆輪となる。
 兄弟品種として「御城覆輪」「天恵覆輪」がある。
posted by 驚庵 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

瑞昌

zuishou.jpg
zuishou1.jpgzuishou2.jpgzuisyou3.JPG
◎瑞昌(ずいしょう)・産地:不詳・芸:覆輪・月・泥軸・泥根(稀にルビー根も魅せる)
特徴:比較的小型で姫葉、東出都に似るが特徴として、付けに沿って紅隈(画像赤丸)を現す。(東出都程大きくならない。)
 昭和10年雑誌では水晶覆輪に似て白覆輪に濁りあって「星斑無し」とある。大正11年名鑑に記載あり・
posted by 驚庵 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。