2009年10月30日

鎧通し(×針葉獅子)

yoroidosi.JPG
yoroidosi1.JPGyoroidosi2.JPG
◎鎧通し(よろいどおし):産地:不詳・芸:葉芸・浅い月・泥軸・泥根
特徴:小形で葉先鋭い細葉で皮縫い針の如し。付けは基本的に一文字に見えるが浅い月型。
※別名:針葉獅子で現在流通しているが、戦後再ブームの頃より名称錯誤のママ獅子葉芸の全くない針葉種を「針葉獅子」と呼ぶ矛盾を抱えたまま今日に至っている不幸な品種である。
posted by 驚庵 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

神風

jinpuu.JPG
jinpuu1.JPGjinpuu2.JPG
◎神風(じんぷう)・産地:香川県・芸:大覆輪・月・泥軸・泥根
特徴:大型で葉幅広い立ち平姫葉、萌黄大覆輪、王宿光(御簾影)の芽変わり・昭和6年東京富貴会名鑑に登録・ 
タグ:神風
posted by 驚庵 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

出雲金斑

izumonisiki.JPG
izumonisiki1.JPGizumonisiki2.JPG
◎出雲金斑(いずもきんぷ)・産地:島根県・芸:虎斑・月・泥軸・泥根
特徴:大型で葉幅並の葉先鋭い姫葉で露受け葉を交える、出芽青くやや後晴ぜの金砂虎斑。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 虎斑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

遅咲き「黄花縞」

kibanasima.JPG◎お彼岸に咲く黄花の縞です。咲き始めはクリーム色に開花、徐々に淡いオレンジ色になります。
タグ:黄花縞
posted by 驚庵 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

オークション出品の原価

hokusaimodoki.jpg◎オークションに富貴蘭を出品して数年の時が経ち、フト思うに今までの出品は原価を考えて出品した事はあまり無い。
 昔々高価で入手したもの意外は機械的に1000円と入力して後は入札者任せで落札を待つノミなのだが、それでも売れない品種があるもうやだ〜(悲しい顔)・・・出品するには、株分け・植え替え・写真3カット撮影・オークション出品手続き・落札処理・荷造り発送の順で考えて見ると驚く程がく〜(落胆した顔)材料と手間暇が結構掛かっている。
 材料:芯苔(NZ産10c)約30円化粧苔(レイヤー5c)100円プラ鉢80円計210円
手間賃:時給700円として 株分け、植え替え約10分 写真撮影、出品約10分 落札処理約5分オークション手数料約10円+落札額の5.25% 荷造り発送約10分 手間賃計約420円 合計620円+落札額の5.25%掛かりますので一件につき約700円の経費を差し引くと富貴蘭代約300円と云う事になります。
※仮に1000円で落札して植え替えの必要が無い場合 化粧苔に国産高級水苔とか芯苔に「コケダイ」等を使用してあると富貴蘭は「タダ」で落札者様は送料ノミで入手出来た事になります。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 驚庵 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

虎縞墨(仮名)

kokouboku.JPG
kokouboku1.JPGkokouboku2.JPGkokouboku3.JPG
◎仮名:虎縞墨(ここうぼく)・産地:九州?・芸:複芸・月・泥軸・泥根
特徴:中型の姫葉、出芽萌黄地に紺覆で上り徐々に虎斑・縞を現し下葉に至り墨芸を魅せる。
※昔々九州の棚整理品の中で発見され入手した木でラベルに「虎縞墨」とあり「トラシマスミ」と読んでいたのですが、読み難いので最近「ここうぼく」と読んで見ると意味はありませんがシックリわーい(嬉しい顔)
タグ:虎縞墨
posted by 驚庵 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

大きくナラナイ「豆緑宝」

ryokuhou.JPG◎画像は、昔同じ時期に求めた実生「緑宝」です。小さい方は「成長しない・子吹きが悪い」と植え替えもせず見捨てていて、最近数年振りに植え替えてソノ気品溢れる葉姿に気付き、今では当に「宝物」扱いにしている身勝手な自分なのです。
posted by 驚庵 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

四国羅紗

sikokurasya.JPG
sikokurasya1.JPGsikokurasya2.JPGsikokurasya3.JPGsikokurasya4.JPGsikokurasya5.JPG
◎四国羅紗(しこくらしゃ)・産地:四国・芸:豆葉・波・泥軸・泥根
特徴:中型豆葉で葉先丸止めの鑢葉、花は梅弁の天咲きで弁裏先端に紅を挿し距強くカールし先端に紅を僅か魅せる。
posted by 驚庵 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

綾の紅絣

ayabeni.JPG
ayabeni1.JPGayabeni2.JPGayabeni3.JPGayanobenikasuri4.JPG
◎綾の紅絣(あやのべにがすり)・産地:宮崎県・芸:複芸・波形・泥軸・泥根
特徴:中型で姫葉、葉先鋭く葉表裏に後晴えの紅絣斑と稀にボヤ萌黄縞を魅せる。その芸は渋く侘び寂びの世界に通じ、派手な品種とは一線を画する処が最大の魅力では・花は距が様々な形状で一定しない・・と長年愛培している逸品。
名称は産地の宮崎県綾地方産からの命名である。
タグ:綾の紅絣
posted by 驚庵 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

玄宗(幻想)

gensou.JPG
gensou1.JPGgensou2.JPGgensoune.JPGgensoutubomi.JPGgensouhana.JPG
◎玄宗(幻想)(げんそう)・産地:不詳・芸:複芸・月形・青軸・青根
特徴:中型の姫葉、全体が黄色く色づき葉表に矢筈状に墨を魅せる、蕾は黄色く開花すると僅かクリーム色?に見えるが殆ど白に近い・
※命名の由来・楊貴妃の芽変りで美しからぬ男っぽい芸から楊貴妃の情夫?'玄宗'の読みに因んで「幻想」と命名。(?=玄宗の息子の妃となっていた'楊貴妃'を娶った。)
タグ:幻想
posted by 驚庵 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楊貴妃

youkihi.JPG
youkihi1.JPGyoukihi2.JPGgensoune.JPGgensoutubomi.JPGgensouhana.JPG
◎楊貴妃(ようきひ)・産地:不詳・芸:複芸・月形・青軸・青根
特徴:中型の姫葉、全体が黄色く色づく、蕾は黄色く開花すると僅かクリーム色?に見えるが殆ど白に近い・明治13年の名鑑に同名称の記載あり・
タグ:楊貴妃
posted by 驚庵 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

垂崖

suigai2.JPG
suigai1.JPGsuigai2.JPGsuigai3.JPGsuigai4.JPG
◎垂崖(すいがい)・産地:不詳・芸:複芸・波形・泥軸・泥根
特徴:葉先鋭く葉幅広い艶葉、天咲きで太い距が垂下する・稀に僅か弁先に紅を挿す固体もある。
posted by 驚庵 at 07:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

花弁厚く大柄の花と木姿の'緑翠'

ryokusui.JPG
◎緑翠(りょくすい)・産地:不詳・芸:緑花・月形・泥軸・泥根
特徴:大型の姫葉で肉厚、根が極太い。花緑に開き徐々に緑が極薄くなる。
タグ:緑翠
posted by 驚庵 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

東天紅の虎

toutentora.JPG
toutentora1.JPGtoutentora2.JPGtoutentora3.JPG
◎東天紅の虎(とうてんこうのとら)・産地:千葉県・芸:紅花・月形・泥軸・泥根
特徴:大型で立ち姫葉に後晴ぜのボヤ虎斑を魅せる。花茎は緑に上り、花は芯柱に紅を挿し弁先と距に紅を挿す。
タグ:東天紅
posted by 驚庵 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 複芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

富嶽から芽変わりの豆葉「北斎」

hokusai.JPG
hokusai1.JPGhokusai2.JPGhokusai3.JPGhokusai4.JPG
◎北斎(ほくさい)・産地:実生・芸:豆葉・波形・泥軸・泥根
特徴:富嶽系実生の総散り斑の親木に、青子として出た小子を短根1本で親木の見栄えの為に 6~7 年前に外し捨て作りして置いた木が、ズングリし付けも波型に変化し、同芸の豆葉子木を二本生み安定したものと仮定し、仮名を「北斎」と命名してお披露目します。
※数年前、豆葉?カナと気付き日陰栽培しても画像の通り葉長も余り伸長しないので此の侭豆葉として固定するかと思います。
・花は今年初花で1花咲き、花弁幅広で頗る肉厚く距が短い。
タグ:北斎
posted by 驚庵 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

覆輪に進化した不明縞

fumeifukurin.JPG
fumeifukurin1.JPGfumeifukurin2.JPGfumeifukurin3.JPG
◎不明覆輪(ふめいふくりん)・産地:不明・芸:覆輪・月・泥軸・泥根
特徴:中型で力みのある姫葉、出芽天晴えで上る大覆輪、不明縞より進化一代目(入手時下葉は棒縞)。
※本種は古老の棚整理で発見、半柄の無名縞に出たチョイ紺派手子が覆輪に進化したそうです。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

「紅天狗」

benitengu11.JPG
benitengu12.JPGbenitengu713.JPG
◎紅天狗(べにてんぐ)・産地:不詳(実生?)・芸:赤花・月・泥軸・泥根
特徴:中型で葉肉厚い艶姫葉、紅花中一番と云うが皆様の眼力では如何でしょうか???。
※5~6?年前に求めて待ちに待った初花!!どの程度の赤花か・・・待ちに待った開花当日の色彩はナルホド濃い! 数日後経過を掲載します。
posted by 驚庵 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

乳白色から橙色に

wait-yero.JPG
dai~ougon1.JPG
◎花の咲き始めは乳白色に始まり黄色を経て橙色に変化する・・・黄金殿の極黄色と比較してご覧下さい。
タグ:風蘭の花
posted by 驚庵 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

今年も虹悦(紅天瞳)が変化を魅せています。

koutendou.JPG
koutendou3.JPG
◎虹悦(こうえつ)・東天紅実生と云うことで昔入手したのですが交配相手は黄花のようです。色彩の変化も面白い花で詳しくは、別名欄をクリックしてご確認下さい。
※別名:紅天瞳(こうてんどう)とも称する。
タグ:富貴蘭
posted by 驚庵 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

天の川

amanogawa.JPG
amanogawa1.JPGamanogawa2.JPG
◎天の川(あまのがわ)・産地:熊本県・芸:絞り虎・月・泥軸・泥根
特徴:大型で姫葉、出芽紺覆白斑に上り後、白絞り虎斑・
※本種は浜北のN氏熊本城見物の際土産店にて発見した物の系統です。
タグ:天の川
posted by 驚庵 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 虎斑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。