2005年07月07日

鈴虫

4suzumusi.jpg
3suzumusi.jpg1suzumusi.jpg2suzumusi.jpg
鈴虫(すずむし)・産地:不明・芸:葉芸・波形・泥軸・薄泥根
特徴:V字型で葉肉厚く葉先全てに鈴虫剣を出し、筬は窮屈に詰まる独特の葉姿。
※本種は安政2年発行の刷り物に名を連ねる古い品種でありながら未だに豆葉の頂点にある。
posted by 驚庵 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千載

4senzai.jpg
5senzai.jpg1senzai.jpg2senzai.jpg
千載(せんざい)・産地:不詳・芸:豆葉・月・青軸・青根
特徴:小形で葉肉厚く葉表が盛り上がって見える超豆葉、天咲きの花は梅弁である。
posted by 驚庵 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青龍丸

4seiryuumaru.jpg
1seiryuumaru.jpg2seiryuumaru.jpg
青龍丸(せいりゅうまる)・産地:実生・芸:豆葉・月・青軸・青根
特徴:小型で丸葉に強い羅紗地に丸く美しく整った筬の豆葉。
posted by 驚庵 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖壽

4seijyu.jpg
1seijyu.jpg2seijyu.jpg3seijyu.jpg
聖寿(せいじゅ)・産地:不明・芸:豆葉・山形・青軸・青根
特徴:中型で葉肉厚い豆葉、兜丸に似るが付けが山形である。
posted by 驚庵 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

大無双

daimusou00.JPG
daimusou01.JPGdaimusou02.JPGdaimusou03.JPGdaimusou04.JPG
大無双(だいむそう)・産地:実生・芸:豆葉・山・泥軸・泥根
特徴:小型で羅紗地合の豆葉で、筬が詰まり丸葉状の深い船底型。付けは山形であるが、波形・一文字なども混在する。
※類似品で「国士無双」があり「紅孔雀」X「無双丸」の再実生選別品と聞く。
posted by 驚庵 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淡海

4tankai.jpg
1tankai.jpg2tankai.jpgtankai6.JPG
淡海(たんかい)・産地:兵庫県・芸:豆葉・波形・泥軸・泥根
特徴:豆葉の中型種で葉幅広く葉先丸く船底型、葉の緑は淡く長短を交え姫状の葉も見られる。
※本種は、「淡路舞鶴」或いは「淡路丸」と称して流通していた事もあります。
posted by 驚庵 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫王丸

sioumaru1.JPG
sioumaru2.JPGsioumaru3.JPGsioumaru4.JPG
◎紫王丸(しおうまる)・産地:実生・芸:豆葉・山・泥軸・泥根
特徴:小形で葉先鋭い立ち葉、葉はV溝状で寒期に葉表裏濃紫になる。
※本種は海王丸実生の選別品である。
ラベル:コレクション
posted by 驚庵 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

達磨

4daruma.jpg
1daruma.jpg3daruma.jpg
達磨(だるま)・産地:不詳・芸:豆葉・山形・泥軸・泥根
特徴:肉厚で葉幅15ミリに迫り葉の長さ3.5センチの船底達磨型豆葉。付けは低い山形である。
posted by 驚庵 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天玉宝

4tengyokuhou.jpg
1tengyokuhou.jpg2tengyokuhou.jpg
天玉宝(てんぎょくほう)・産地:九州・芸:豆葉・山・泥軸・泥根
特徴:大型で葉幅広い船底型で巨大な豆葉、花はうす桃色の天咲きである。
posted by 驚庵 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照国

4terukuni.jpg
1terukuni.jpg2terukuni.jpg
照国(てるくに):産地:九州・芸:豆葉・一文字・泥軸・泥根
特徴:中型で艶のある丸豆葉、山採り当初の芸は墨流し芸であったものが葉面全体の艶葉に変化固定した。
posted by 驚庵 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

日芳丸

4hiyosimaru.jpg
1hiyosimaru.jpg2hiyosimaru.jpg3hiyosimaru.jpg
日芳丸(ひよしまる)・産地:不詳・芸:豆葉・波形・泥軸・泥根
特徴:葉幅が極広く葉丈短い丸形の豆葉で葉丈は3.5センチ程度で、葉幅は1.5センチに達する。形状としては淀の松と玉金剛を合わせた形状である。
※本種名は、明治30年名鑑では「日芳丸」大正11年では「日吉丸」で記載がある。
posted by 驚庵 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

紅無双

4benimusou.jpg
1benimusou.jpg2benimusou.jpg
紅無双(べにむそう):産地:実生・芸:豆葉・月・泥軸・泥根
特徴:小型で羅紗地合の豆葉で、軸の汚れの強く筬が詰まり二つ折り状の深い船底型。付けは山形であるが、波形・一文字なども混在する。
※類似品種に「大無双」「無双丸」などが存在する。
posted by 驚庵 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳳玉

4hougyoku.jpg
1hougyoku.jpg2hougyoku.jpg
鳳玉(ほうぎょく)・産地:不明・芸:豆葉・山・泥軸・泥根
特徴:豆葉としては大型で葉肉頗る厚くヤヤ立ち葉、葉先丸止めで中心の葉溝深く筬の襟組が美しい。
※付けは山形を中心に波浅い月型などと変化を見せる。
posted by 驚庵 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊山丸

4houzanmaru.jpg
1houzanmaru.jpg2houzanmaru.jpg
豊山丸(ほうざんまる):産地:実生・芸:豆葉・波・青軸・青根
特徴:小形で葉先鋭く葉表が盛り上がる豆葉。
※実生選別品で04年鳳玉の実生より一株発見されたもので、たまたまイチロー選手の257本安打世界記録突破の記念すべき日に入手した事からイチロー選手の出身地に因んで豊山町と実生親鳳玉の読みを重ねて豊山丸と命名。(芸・軸・根に付きましては完成確認後訂正の可能性アリ。)
posted by 驚庵 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寶泉

4housen.jpg
1housen.jpg3housen.jpg
寶泉(ほうせん)・産地:宮崎県・芸:豆葉変り・変化・青軸・青根
特徴:葉型は豆葉V字の立ち姫葉。地合は羅紗地で低い甲龍状の皺を現し、緩く前傾し、付けは浅い月形から波、低い山と変化する。同種異名と思われる「天宝」も存在します。
posted by 驚庵 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆金剛

4mamekongou.jpg
1mamekongou.jpg2mamekongou.jpg
豆金剛(まめこんごう)・産地:不詳・芸:豆葉・波形・泥軸・泥根
特徴:小型の豆葉で羅紗地合強い船底型、筬付近の泥強く襟組が詰まる。
※本種の子木は、本芸で生まれる事は稀な稀少品種であるが、気長に作を進めると徐々に本芸を現す楽しみな品種でもある。
posted by 驚庵 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞鶴

4maizuru.jpg
5maizuru.jpg1maizuru.jpg2maizuru.jpg3maizuru.jpg
舞鶴(まいづる)・産地:不詳・芸:豆葉・山形・泥軸・泥根
特徴:小型の豆葉で船底型、筬付近は燻し銀の雰囲気。
posted by 驚庵 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑の台地

4midorinodaiti.jpg
1midorinodaiti.jpg3midorinodaiti.jpg
緑の台地(みどりのだいち)・産地不詳・芸:丸豆葉・低い山形・泥軸・泥根
特徴:肉厚で葉幅15ミリを越える丸葉で葉長3センチの丸型豆葉。
posted by 驚庵 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無双丸

4musoumaru.jpg
1musoumaru.jpg2musoumaru.jpg
無双丸(むそうまる)・産地:実生・芸:豆葉・一文字・泥軸・泥根
特徴:実生の羅紗地合の丸豆葉で、実親は・紅孔雀×淀の松で再セルフと聞く。付けは基本的に一文字で有るが小さな波を見せたりと変化を見せる。
※更に紅孔雀との再実生姉妹に「大無双」「紅無双」などが存在する。
posted by 驚庵 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

淀の松

4yodonomatu.jpg
1yodonomatu.jpg2yodonomatu.jpg
淀の松(よどのまつ)・産地:大阪府・芸:豆葉・一文字・泥軸・泥根
特徴:大型の豆葉で葉繰り良く葉先鋭く僅かに露受けとなり、地色が緑浅く古木になると軸がうねる。付けは一文字が基本だが細かい波状もある。
posted by 驚庵 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。