2009年07月06日

富嶽から芽変わりの豆葉「北斎」

hokusai.JPG
hokusai1.JPGhokusai2.JPGhokusai3.JPGhokusai4.JPG
◎北斎(ほくさい)・産地:実生・芸:豆葉・波形・泥軸・泥根
特徴:富嶽系実生の総散り斑の親木に、青子として出た小子を短根1本で親木の見栄えの為に 6~7 年前に外し捨て作りして置いた木が、ズングリし付けも波型に変化し、同芸の豆葉子木を二本生み安定したものと仮定し、仮名を「北斎」と命名してお披露目します。
※数年前、豆葉?カナと気付き日陰栽培しても画像の通り葉長も余り伸長しないので此の侭豆葉として固定するかと思います。
・花は今年初花で1花咲き、花弁幅広で頗る肉厚く距が短い。
タグ:北斎
posted by 驚庵 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122899353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。